東京慈恵会医科大学附属病院 脳神経外科Department of Neurosurgery Jikei University School of Medicine

〒105-8471
東京都港区西新橋3-19-18
TEL:03-3433-1111
FAX:03-3459-6412
nougeka@jikei.ac.jp

脳、脊髄の病気を
からだに優しい低侵襲治療で治す。

私たち脳神経外科では、脳そのものは勿論のこと、脳へ血液を送る頸動脈や
鎖骨下動脈といった血管病変や脊椎脊髄疾患、さらには末梢神経の病変まで
神経に関連するあらゆる疾患に対して包括的な外科的治療を行う部門です。
現在では最新のイメージング技術を擁するハイブリッド手術室を世界に先駆け開発し、
からだに優しい低侵襲手術を中心とした治療を行っております。
特にくも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤や脳卒中に対するカテーテル手術では
世界有数の症例数と治療実績があり、また脊髄空洞症をはじめとする
難治性脊髄疾患の治療でも世界的な評価を得ております。
他にも脳腫瘍手術では術中イメージング技術の進歩により脳への侵襲を最小限に抑えた
手術法の確立や内視鏡手術、国内ではまだ整備が十分でない小児脳疾患専門の
母子センターにおける包括的なチーム医療の実現など
脳神経疾患のすべての分野の専門家を有する全国でも数少ない脳神経外科です。
病を抱えている患者様の不安を少しでも和らげ、
そして最良の治療を提供することが我々のミッションです。
主任教授 村山 雄一

慈恵大学病院 脳神経外科の特徴

世界に先駆けハイブリッド手術室を開発し、
よりからだに負担の少ない低侵襲治療を行っております。

  • 24h

    急性期脳卒中への
    24時間365日迅速な対応

    急性期脳卒中は時間との勝負です。
    我々慈恵医大脳神経外科は24時間体制で
    脳神経外科救急に対応しています。

  • 4800

    未破裂脳動脈瘤の
    4800例以上の経過観察

    未破裂脳動脈瘤に対して過去12年間で
    4800例以上を診療し、動脈瘤破裂リスクの高い
    約30%の症例に対して手術を行っています。

  • 600

    年間600件を超える
    手術を実施

    慈恵医大附属病院(本院)では
    年間600件を超える
    脳神経外科手術を行っています。

  • 730

    730件を超える
    脊髄空洞症治療

    脊髄空洞症の手術件数は、
    阿部名誉教授の頃から累積し730件以上。
    単一施設としては世界有数の治療件数です。



手術統計

2015 2016 2017
脳血管障害 339 309 332
 (開頭手術) (82) (63) (32)
 (脳血管内治療) (257) (246) (300)
脳腫瘍 75 73 74
脊椎脊髄外科 111 112 125
 (脊椎脊髄疾患) (89) (84) (93)
 (キアリ奇形・脊髄空洞症) (22) (28) (32)
機能外科 13 9 6
外傷 38 42 38
小児脳神経外科 95 73 64
その他 31 16 23
合計 702 634 662

脳血管内治療センター

2013年に脳血管治療センターを設立し、
従来の開頭法による手術では治療困難であった
様々な疾患に対応します。

新しい血管撮影装置の開発:血管内治療において画像診断装置の進歩は治療の確実性、安全性を高めるために上可欠です。
我々は、画像クオリテイが従来の血管撮影装置より数段優れたフラットパネルテクノロジーを搭載した血管撮影装置を研究室に設置し、
3次元的な病変の画像化や新しい治療法の評価、医師のトレーニングなどに活用しています。

脳血管内治療センターのページへ

スタッフ紹介

慈恵医大病院の脳神経外科では、
各分野のスペシャリストが揃っています。

脳神経外科学教室は130年の歴史のある本学において1967年に開設された比較的新しい診療科です。
私たち脳神経外科は脳そのものは勿論のこと、脳へ血液を送る頸動脈や鎖骨下動脈といった血管病変や脊椎脊髄疾患、
さらには末梢神経の病変まで神経に関連するあらゆる疾患に対して包括的な外科的治療を行う部門です。
開設以来先取の気風を持った人材に恵まれ米国を始め
カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど世界各国で活躍する人材を育てて参りました。

スタッフについて詳しく

研修医募集

慈恵医大病院では、後期研修医を募集しています。
先進医療を現場で学べ、研究開発に参加できます。

東京慈恵会医科大学脳神経外科は、開設以来先取の気風を持った人材に恵まれ米国を始め
カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど世界各国で活躍する人材を育てて参りました。
2003年に最新のイメージング技術を擁するハイブリッド手術室を世界に先駆け開発し、
治療をおこなっております。世界有数の症例数と治療実績があり評価を得ております。

病を抱えている患者さんの不安を少しでも和らげ、
そして最良の治療を提供することが我々のミッションです。

研修医募集について詳しく