脳血管内治療センターはこちら
スタッフ紹介
病気について
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
脳腫瘍
てんかん
神経外傷
小児脳神経外科
後期研修プログラム
柏病院
一般社団法人National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について
Neurovision DL

脳神経外科学講座
TEL:03-3433-1111
(内線:3461)
FAX:03-3459-6412

はじめに
主任教授 阿部俊昭よりご挨拶

脳神経外科学教室は130年の歴史のある本学において1967年に開設された比較的新しい診療科です。私たち脳神経外科は脳そのものは勿論のこと、脳へ血液を送る頸動脈や鎖骨下動脈といった血管病変や脊髄脊椎疾患、さらには末梢神経の病変まで神経に関連するあらゆる疾患に対して包括的な外科的治療を行う部門です。開設以来先取の気風を持った人材に恵まれ米国を始めカナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど世界各国で活躍する人材を育てて参りました。現在では最新のイメージング技術を擁するハイブリッド手術室を世界に先駆け開発し、からだに優しい低侵襲手術を中心とした治療を行っております。特にくも膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤や脳卒中に対するカテーテル治療では世界有数の症例数と治療実績があり、また脊髄空洞症、脊髄腫瘍をはじめとする難治性脊髄疾患の治療でも世界的な評価を得ております。

他にも脳腫瘍手術では術中イメージング技術の進歩により脳への侵襲を最小限に抑えた手術法の確立、国内ではまだ整備が十分でない小児脳疾患に対する専門の母子センターにおける包括的なチーム医療の実現など脳神経疾患のすべての分野の専門家が揃っている全国でも数少ない脳神経外科講座です。

病を抱えている患者様の不安を少しでも和らげ、そして最良の治療を提供することが我々のミッションです。

主任教授 村山雄一