葛飾医療センター 脳神経外科

東京都東部の地域医療を中心に、また、ご紹介いただいた東京近郊にお住まいの患者さんに診療を行っています。
脳腫瘍、脳血管障害、神経外傷、脊椎脊髄疾患などが主な対象疾患です。特に、脊椎脊髄疾患と血管障害の外科治療は得意分野です。
脊椎脊髄疾患では、患者さんの病態に応じた、安全で侵襲の低い治療方法を提供・提案します。血管障害では、開頭手術や
脳・頚部血管の血行再建術を得意とする専門医と、血管内手術を得意とする専門医が常勤し、患者さんの病状に最適と考えられる治療を提供します。
脳腫瘍は、グリオーマを専門とする非常勤医師が診療に参加し、手術、化学療法、放射線治療、免疫療法など様々な方法を組み合わせた
集学的治療を行います。また今年度より、当院の神経内科と協力し、パーキンソン病などに対する深部脳刺激療法を開始する予定です。
診療体制は、脳神経外科専門医4名を含む5名の常勤医師が診療しています。必要に応じてスペシャリストを招き外来診療、手術治療を行い、
より安全で的確な医療を提供いたします。手術適応や治療方針はスタッフ全員で繰り返し検討し、十分に説明申し上げた上で、
納得して治療を受けていただけるよう取り組んでいます。

扱う代表的疾患

脳腫瘍

グリオーマ、髄膜腫、下垂体腺腫、転移性脳腫瘍など。

脳血管障害

脳動脈瘤、脳動静脈奇形、くも膜下出血、脳・頚部血管狭窄症・閉塞症、脳出血、脳梗塞など。
患者さんの病状、ご希望により血管内手術と開頭手術を選択しています。

脊椎脊髄疾患

変形性頚椎症、腰部脊柱管狭窄症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア、頚椎・腰椎変性すべり症、脊髄腫瘍、脊髄血管障害など。

頭部外傷

手術統計

2015 2016 2017 2018 2019
合計 136 162 177 199 192
脳血管障害 43 44 48 58 70
 (開頭手術) (15) (15) (20) (18) (20)
 (脳血管内治療) (28) (29) (28) (40) (50)
脳腫瘍 18 21 15 25 25
脊椎脊髄疾患 16 11 15 24 22
 (脊椎脊髄疾患) (0) (0) (0) (0) (0)
 (キアリ奇形・脊髄空洞症) (0) (0) (0) (0) (0)
てんかん・機能性疾患 1 7 2 4 1
外傷 35 28 40 31 34
小児脳神経外科 0 0 0 0 0
その他 23 51 57 57 40


葛飾医療センターのHPへ

TOPへ戻る