脳血管内治療センターはこちら
スタッフ紹介
病気について
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
脳腫瘍
機能外科
神経外傷
小児脳神経外科
後期研修プログラム
柏病院

脳神経外科学講座
TEL:03-3433-1111
(内線:3461)
FAX:03-3459-6412

各疾患について
 
小児脳神経外科部門
「我が子が病気を持って生まれてくる。我が子が病気になる。」ことをすぐに受け入れることができる親はこの世に存在しません。それが何らかの障害を持つ可能性がある中枢神経系の病気である場合は尚更です。そんなご両親・ご家族の思いを受け止め、こども達の成長と共に歩んで行くのが、我々小児脳神経外科であり総合母子健康医療センターです。 患児達には治療後の人生があり、彼らを囲むご家族の思いや関わりがあります。そのため当部門では、小児科・産科婦人科・小児外科・形成外科・小児泌尿器科・整形外科などの関連各科、看護師や臨床心理士などのコメディカルと共に総合的なチーム医療を行い、全人的医療を実践すべく責任を持って治療にあたっています。 大学病院としての当部門が扱う疾患は先天奇形や脳血管障害、脳腫瘍、水頭症、脊髄・脊椎疾患、神経外傷、てんかんなど多岐に渡りますが、当部門では小児脳神経外科医だけでなく、それぞれの専門分野の脳神経外科医が一堂に会し、患児一人一人の病態を検討することによって様々な意見を出し合い、最適な治療法を選択できるようにしています。そしてメスを入れる最初の治療の大切さを銘記し、世界における最先端の治療・研究を行うことを基本とし、更に当部門から世界の常識となる治療を発信することを心がけています。 くわしくは総合母子健康医療センターホームページをご参照ください。


診療スタッフ(平成25年5月現在)
■診療部長代行  野中雄一郎

浜松医科大学医学部卒 医学博士
日本脳神経外科学会認定医、NMC査読委員
日本神経内視鏡学会技術認定医、技術認定制度委員
日本小児神経外科学会 
Craniosynostosis研究会 世話人   その他

<執筆論文・著書抜粋>

1)Nonaka Y, Oi S, Miyawaki T, Shinoda A, Kurihara K.
Indication for and surgical outcomes of the distraction method in various types of craniosynostosis. Advantages, disadvantages, and current concepts for surgical strategy in the treatment of craniosynostosis. Childs Nerv Syst 2004; 20:702-9.

2) Nonaka Y, Oi S, Samii A, Paterno V, Feigl GC, Lüdemann W,
et al. Neuronavigational neuroendoscopic surgery. Frameless free-hand maneuvering of a handy rigid-rod neuroendoscope
on visualized three-dimensional computerized image guidance: trajectory to the prepontine cistern in cadaver study. Childs Nerv Syst 2006; 22:18-27.

3) 野中雄一郎、大井静雄.発達遅滞を伴う前頭縫合早期癒合症
(三角頭蓋)の手術適応と治療成績―Oi-Nonaka Pervasive Developmental Disorder Chronology Score (ON-PDD Chronology Score)からみた手術適応の決定と術前術後評価―.小児の脳神経 2009;34:328-35.

4) 野中雄一郎, 大井静雄.【最新の小児脳神経外科】 よく診る疾患の最新の診断・治療 頭蓋骨縫合早期癒合症を合併する症候群と最新の診断・治療.小児科診療 2007; 70: 1481-5.

5)  野中雄一郎, 大井静雄.【グラフィックと図表でみる小児脳神経外科の"Emergency"と専門医の対応】 乳幼児水頭症の"Emergency".小児の脳神経 2009; 34: 448-52.

6)  野中雄一郎, 谷諭.【競技スポーツ帯同時に役立つ外傷初期治療ガイド 頻発するスポーツ外傷に対する処置・治療の実際】 競技種目別の対応の実際 ボクシング.
臨床スポーツ医学2010; 27: 319-23.

7)野中雄一郎, 谷諭, Paul McCrory. スポーツにおける脳震盪
―国際会議におけるstatement― スポーツにおける脳震盪に関する同意声明‐第3回スポーツにおける脳震盪に関する国際会議‐:解説と翻訳の抜粋.臨床スポーツ医学2010; 27: 263-82.

8)野中雄一郎, 大井静雄, 斉藤和恵, 田母神令, 三輪点.頭蓋減圧
術を施行された発達遅滞を伴う前頭縫合早期癒合症患児における
Oi-Nonaka Developmental Delay Chronology Score (ON-DD Chronology Score)と発達指数の変化.小児の脳神経 2011; 36: 517-520.

9)野中雄一郎, 谷諭.学校スポーツにおける外傷・障害診療ガイド
V.種目・疾患別の診療の実際―整形外科編.32.ボクシングにおける頭部外傷.
臨床スポーツ医学 臨時増刊号2012; 29: 346-351.


<賞罰>
平成16年 国際小児脳神経外科学会賞 Raimondi Award 受賞
平成17年 日本小児脳神経外科学会 川渕賞 受賞


■診療医員  増本 愛

三重大学医学部卒 
日本脳神経外科学会認定医
日本小児神経外科学会
JATEC provider
PALS provider
ITB(髄腔内バクロフェン療法)治療実施医 その他

■非常勤医員  三輪 点

広島大学医学部卒 医学博士
日本脳神経外科学会認定医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本がん治療認定医
日本小児神経外科学会

<執筆論文抜粋>

1)  Miwa T, Oi S, Nonaka Y, Tamogami R, Sasaki H, Akiyama M,et al.
Rapid spontaneous regression of multicentric infantile myofibromatosis in the posterior fossa andlumbar vertebra. Childs Nerv Syst 2011; 27:491-6.

2)  Miwa T, Oi S, Nonaka Y, Tamogami R, Sasaki H, Yoshinari S, Ida H. Aggressive large cell medulloblastoma extending to the extracranial region in brain-dead state. Childs Nerv Syst. 2011;27:1341-6.
など。



s