TRAINING PHYSICIANTRAINING PHYSICIAN

研修医募集

慈恵医大は東京タワーを目の前に望む都心に位置する
1881年開設の歴史ある私立医科大学です。
その中で脳神経外科は1968年に開設され、
開設以来先取の気風を持った人材に恵まれ、
米国を始めカナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど
世界各国で活躍する人材を育てて参りました。

脳血管障害や脳腫瘍、神経外傷だけでなく、
脊椎脊髄疾患やてんかん、小児疾患など、
病を抱えている患者さんの不安を少しでも和らげ、
そして最良の治療を提供することが我々のミッションです。

前のスライドへ
次のスライドへ
ご挨拶

ご挨拶

脳神経外科医を目指す

脳神経外科は脳そのものはもちろん、
脊椎脊髄や末梢神経まで幅広くカバーする専門分野です。
慈恵医大脳神経外科では脳腫瘍や血管障害から脊髄外科、小児脳神経外科といった各分野のエキスパートが揃っており、専門医として患者さんから信頼されうる人間性と知識、技術を身につけることを目標にしています。

また国際的な視野を持ち、チャレンジ精神を持って臨床だけでなく研究開発に取り組む意欲を持った医師に育ってほしいと考えています。私たちの医局は旧態然とした教授が頂点に立って君臨する組織ではありません。医師として人間として活躍できるようサポートをする組織です。男女関わりなく脳神経外科医として自分の道を切り開いてゆく人材を募集しています。

主任教授村山 雄一

研修プログラム概要

研修プログラム
概要

卒後2年間の初期臨床研修を終了後、卒後3年目から東京慈恵会医科大学脳神経外科の専門研修プログラムを開始します。
卒後3年目からの4年間は基幹施設である附属病院(本院)と連携施設を中心に研修を行います。
ここでの目標は脳神経外科医としての基本的知識や技術の習得と、卒後7年目での脳神経外科学会専門医の取得です。

豊富な研修施設

現在の専門研修プログラムでは、専門医取得にあたり脳血管障害、腫瘍、外傷、脊椎脊髄疾患、てんかん・機能性疾患、小児脳神経外科疾患などの幅広い知識と経験が必要となります。当医局には基幹施設だけでなく、多くの連携施設に各subspecialtyの指導医が在籍し、多くの症例数を有しています。そのため、当医局の専門研修プログラムで、基本的な開頭手術や動脈瘤のコイル塞栓術、脳血栓回収療法などの血管内治療、椎弓切除術や固定術といった脊椎脊髄手術など、専門医取得のための十分な知識や経験を得ることができます。
各施設とも非常にアットホームな雰囲気で、医師として、そして人として患者さんに接するための姿勢、脳神経外科医として新たな知識や経験を得ようとする探究心を学び、プライベートでも相談できる先輩や仲間を得ることができます。

自由なsubspecialty取得

専門医取得前後からは、それぞれに応じたsubspecialtyの研修や研究を始めていきます。各自の希望に合わせて自由にsubspecialtyを選ぶことができ、そして一つにこだわらず複数を学ぶことも可能です。また専門医習得後であれば、連携・関連施設以外の施設でもsubspecialty取得のために研修することが可能となります。また大学院や海外での研究やトレーニングを選択することも可能です。

主な連携・関連施設

連携施設
関連施設
  • 日本赤十字社医療センターPDFが開きます
  • 聖マリアンナ医科大学附属病院
  • 山口大学大学院医学系研究科
  • NTT東日本関東病院
  • 総合新川橋病院
  • 志仁会三島中央病院
  • 横浜医療センター
  • 医療法人秋葉病院
  • 彩の国東大宮メディカルセンター
  • 総合病院聖隷浜松病院脳神経外科
  • 社会医療法人禎心会病院
  • 社会医療法人名生会 桂ヶ丘クリニック
  • 横浜新都市脳神経外科病院
  • 行田総合病院
先輩からの声

先輩からの声

鈴木智也
平成26年卒
脳神経外科5年目

これまでの経験を踏まえて、これから脳神経外科医を志す方々に少しでも役に立てることができればと思い本文を寄稿します。他大学の医局の方との交流を通して感じた当医局の特色をお伝えします。

当科の村山教授の専門である脳血管内治療分野は当医局の強みであり、多くの脳血管内治療医が所属しています。関連施設で脳血管内治療ができない大学医局は多いのに対し、当医局の関連病院のほとんどに脳血管内治療医が所属しています。現代の脳神経外科治療の中心とも言える脳血管内治療を学ぶ機会に大変恵まれた環境と言えます。

脳神経外科は脳血管障害、脳腫瘍のみならず、小児、脊椎、血管内治療、内視鏡下手術など多くのsubspecialityに分けられます。当医局にはこれらの領域にエキスパートが揃っており、研修ではこれらの分野を早いうちから経験することができます。自分の適性・興味を強く持つ分野を早いうちから把握し、希望によっては優先的に経験を積むことも可能です。医局は自主性を重んじ、自ら行動することによって自分の将来像を形成することができます。

入局してみないとわからない部分もありますが、他大学の医局と比べ当医局は非常に柔軟性の高い医局のように感じます。他大学出身者も多く、専門分野もさまざまな領域をカバーしており、医局員は多様性に富んでいます。新しい先生方が当医局でやりたいことを見つけ、楽しみつつ、その分野で活躍してくれることを願います。

小島アリソン健次
平成28年卒
脳神経外科レジデント2年目

慈恵医大脳神経外科の世界に飛び込み、早一年が経ちましたが、ここまでで私が感じた慈恵医大脳神経外科学講座の魅力をお伝えしようと思います。当科では、数ある関連施設で多くの先生先輩方から指導を受けるので、様々な視点で疾患・手術を学ぶことができます。主勤務先は勿論ですが、外勤先で他施設の医局員の先生と勤務することも多くあり、そういった場でも熱い指導を受けることができます。

私自身は東京慈恵会医科大学出身ですが、医局には他大学出身の医局員が大勢在籍しており、出身大学による派閥はありません。また海外留学経験者が非常に多く、海外留学へのサポートも厚いのも魅力の一つです。私自身、忙しいレジデント生活の中でUSMLE step2 CSの準備を進めていましたが、医局からのサポートを受けて合格をすることができECFMG certificationを取得することが出来ました。

脳神経外科医になるという道のりの上で、つらいこともありましたが(人間関係でのストレスは0です)、日々成長を実感し、本当に充実した研修生活を送らせていただいています。専攻する科を選んでいる先生、研修先を選んでいる先生、ぜひ一度見学にいらしてください。

前のスライドへ
次のスライドへ
見学・説明会のお知らせ

見学・説明会の
お知らせ

現在もCOVID-19の流行が落ち着かない状況ではございますが、可能な限り見学の受け入れも行っております。
また、医局説明会についてもwebも併用して行っておりますので、遠方の先生にもご参加いただきやすくなっております。
いつでもお気軽にご相談ください。

現在、
下記日程でweb説明会を
予定しております。

  日程 開催場所
第1回 日程2021年 7/21(水)18:00〜 開催場所医局およびweb
第2回 日程2021年 9/15(水)18:00〜 開催場所医局およびweb
ご興味のある方は
下記までご連絡ください。
担当:川村大地

MAILdaichi1106@gmail.com

TOPへ戻る