脳血管内治療センターはこちら
病気について
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
脳腫瘍
てんかん
神経外傷
小児脳神経外科
後期研修プログラム
柏病院

脳神経外科学講座
TEL:03-3433-1111
(内線:3461)
FAX:03-3459-6412

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 脳神経外科
葛飾医療センター 脳神経外科の概要

葛飾医療センター

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター(以下、葛飾医療センター)は、葛飾区にある病床数356床(ICU 6床、HCU 4床、手術室 8室)の病院です。葛飾区を中心とした区東北部医療圏の中核を担う地域密着型の病院です。平成24年1月に旧青戸病院よりリニューアルオープンした、慈恵医大の中で最も新しい病院です。

葛飾医療センターの現体制は、日本脳神経外科学会専門医3人、後期レジデント2人の計5人で診療を行っております。入院定床数は10床、手術件数は70〜90件/年です。入院患者数と手術件数の増加を目標に、近隣病院との連携や救急体制の整備を行うなど、スタッフ一丸となって頑張っています。

対象疾患は、脳血管障害・脳腫瘍・神経外傷・小児脳神経外科を中心に、脳神経外科が扱う全ての疾患を診療しています。また、がん治療認定医(2名)、神経内視鏡技術認定医(1名)による専門的な診療も行っております。

毎朝開催されるモーニングカンファレンスと、隔週月曜日に開催されるリハビリカンファレンスにて患者の治療方針を検討しています。毎週火曜日(手術日)には、術前検討会を行っています。上記以外に毎月第三火曜日には、神経内科と合同で葛飾Neuro Joint Conference(KNJC)を開催し、毎回テーマを決めて勉強しています。
葛飾医療センター 脳神経外科のレジデント教育目標
@半主治医制による診療:専門医とペアを組み、一人一人の患者さんを入院、術前検査、手術、術後管理、退院までを一貫して受け持ちます。
A神経診断学の習得:神経所見のとり方から画像診断まで神経診断学の基本を習得します。
B検査手技の習得:神経診断学に欠かせない脳血管撮影、腰椎穿刺などを習得します。
C脳神経外科手術の習得:
   C−1 開閉頭:全ての手術で開頭と閉頭を担当します。
   C−2 穿頭術:穿頭血腫洗浄術や脳室ドレナージ術を習得します。
   C−3 開頭術:クリッピング術、血腫除去術や腫瘍摘出術などから開頭術の基本を習得します。
D学会発表の経験:研修期間中に最低1回の学会発表を指導します。
E論文投稿の経験:研修期間中に最低1本の症例報告の投稿を指導します。
以上、ご興味のある方はいつでも病院見学にお出で下さい。
脳神経外科学および脳神経外科医の魅力を実感してもらえる研修期間となることを約束します。

葛飾医療センター脳神経外科 スタッフ一同

連絡は、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター脳神経外科 診療部長 赤崎安晴
(代表)03-3603-2111まで